アジアにはどんなLCCがあるの?

海外旅行を格安で行ける事から、最近はLCCへの注目は高まってきています。

アジアの旅行地として人気が高いのは韓国やタイ、マレーシアやカンボジアなどです。

各国からはもちろん、日本からもアジア行きのLCCはたくさんあります。

■アジアを代表するLCCといえばエアアジア
エアアジアはマレーシアで運営されている格安航空会社です。

国内便のみならず、アジアの主要国を格安で行けることからアジアのLCCとして有名となっています。

日本では羽田が初めて乗りいれたLCCであり、羽田以外には関西で運行しています。

最近は羽田と関西にバンコク行きの国際線が追加され、ますます路線を拡大しているのでアジア旅行には便利なLCCです。

定期的に激安セールが行われ、航空券が高額になりやすい連休でも比較的に料金が変わらないメリットがあります。

■韓国旅行へ行くならティーウェイ航空
韓国の仁川空港を拠点にしている格安航空会社です。

韓国菌お延の国際線を運航しており、日本では関西・福岡・佐賀・大分・札幌からの発着便があります。

関西空港からは仁川以外に、韓国の経済都市の一つである大邱へ行く事が可能です。

なので、旅行のみならずビジネスとしても利便性が高いLCCになります。

機内アナウンスは韓国語と英語、日本語に対応しているので、初めての海外旅行でも安心して利用する事ができるでしょう。

サービスの質が良いことから、韓国内でも非常に評価が高いLCCです。

■中国旅行へ行くなら春秋航空
春秋航空は中国で初めての格安航空会社であり、上海を拠点にしています。

日本では茨城での国際線が初就航で、現在は関西や中部を中心に高松や札幌での中国行きの国際便を拡大化しているLCCです。

また国内便は充実しており、国際便では日本以外にタイとカンボジアへ発着便があります。

春秋航空では立ち乗り制度を導入しており、とことん最安値にこだわっています。

■ジェットスター・ジャパン
オーストラリアの大手航空会社系列の格安航空会社です。

親会社と日本航空、大手日本企業が出資してできた日本のLCCでアジアやオーストラリア行きに特化しています。

料金がとても安い事で評判が良く、事前に座席を予約できたり手数料が無料といった希望のオプションを追加できるところが他ではあまり見られない長所です。

アジア行きは時に関西からの発着便が多く、中国や韓国、タイなどへ行く事ができます。

このように、アジアには様々なLCCがあります。
ご紹介したLCCはごく一部なので、自分の目的に合ったLCCを比較サイトなどから探して選ぶのが良いでしょう。