LCCのメリットとデメリットを知って快適に旅行

LCCはサービスの簡略化や有料化などによって低価格で旅行ができる格安航空会社です。
お得な反面、もちろんデメリットも存在します。メリットとデメリットをしっかり把握しておくことで、より快適なアジア旅行をする事が可能です。

■LCCのメリットを知ろう

・運賃が安い
格安航空会社であるので、もちろん料金が安いのが最大のメリットです。
大手航空会社では往復での購入を前提に料金が少し安くなりますが、LCCでは比較的に片道のみでも安くなっています。
それは片道での料金がベースに金額が決まっているのが理由です。

・機種は最新機種だから安全
LCCは新しい会社が多いことから、使われている飛行機も最新型が一般的です。
その理由は安全面もですが、古い機種だと燃費が悪いので原油の消費に無駄なコストをかけてしまいます。
さらに最近では原油価格が上昇傾向であるので、さらに費用が高く設定されてしまうのです。
しかし低価格を維持するためにも、燃費が良くて安全な技術で開発された最新機種を採用しています。

・旅行の計画が立てやすい
格安で海外旅行が行ける方法としては格安航空券があります。
しかし、格安航空券は予約の時点で時間や便名がはっきりしないデメリットがあるのです。
ところが格安航空会社は購入時点で便名や時間がはっきりしているので、旅行の計画が立てやすいと言えます。
さらに、大手航空会社での割引に設けられている最低滞在日数や最大滞在日数などの制限がないのもメリットです。

■LCCのデメリットを知ろう

・機内食などサービスが有料
LCCでは機内食や毛布など機内での対応を有料化する事で値段を下げています。
ただ乗るだけで良いと思っている人には良いかもしれませんが、サービスに質を求める場合はデメリットだと言えます。
長距離のフライトの場合は有料でもサービスを利用した方が良いでしょう。

・手荷物の制限や預け荷物が有料
LCCでは手荷物の制限が大手航空会社と比べて厳しく設定してあります。
それは、荷物が多いと飛行に必要な燃料が上がってしまうからです。
さらに、スーツケースなどを預ける場合は追加料金が発生する事が多いです。
なので出発当日に荷物を預けることになると急な出費になってしまうので、預け荷物がある場合は、事前にオプションを追加購入しておくのがよいでしょう。

・マイルが貯まらない
LCCではマイレージといったポイントサービスを行っていません。
なので、マイルを貯めている人には少しデメリットな点です。
なるべく貯めたいという人は格安航空の利用はよいでしょう。

このように、LCCには安く安全に利用できるメリットもあれば、サービスの有料やマイルが貯まらないということもあるので、
LCCで旅行を検討する際は、メリットとデメリットを踏まえた上で利用しましょう。